仕事についての説明だけが、仕事ガイドの全てということではありません。他にも仕事ガイドには仕事の選び方、その仕事に適した人の性格なども記載されています。

やっていて楽しいことを、仕事にしたいという考え方で仕事を選ぶ人もいます。アフター5と、仕事中にすることは、全然別のことの方がいいという考え方をする人もいるようです。どちらにしろ、自分の仕事をどれにしたいかきちんと考えたことがなかったという人は、就職活動の時期になっても、何から手をつければいいかわからなくなります。仕事選びの方向性がわからなくなってしまった時は、就職活動中でももう一度仕事ガイドを読み返して、仕事について考えてみるといいでしょう。目標とする仕事を決めても、その仕事につくためにはどんな適性が必要で、どういう性格の人がその仕事に向いているかということも知りたいものです。そんな時には、仕事ガイドを参考にして、その仕事で必要なスキルはもちろんのこと、適した性格などの確認する事ができるので大変便利です。その人のものの考え方と、仕事のあり方は、案外と根深いところで結びついているものだといいます。お金の計算をする時は、単なる計算能力だけでなく、計算が合わない時にも投げ出さず、原因を追及して正しい帳簿を作成する能力を持っていなければ、仕事は任せられません。飽きっぽい人や、地道な作業が好きでない人、正確性を求められる作業が好きではないという人には不向きな仕事といえます。能力適性や、性格的な相性も含めて仕事ガイドで確認することができますので、仕事を探す際にはじっくり読むといいでしょう。